国内VS海外の最近のブログ記事

海外の不動産投資を目指す場合、一番大きな壁が資金力です。

簡単に言うと海外の場合、銀行ローンが国内ほど簡単に出なかったり、担保評価の割合が外国人の場合低かったりと、外国人に対してさまざまな規制が入る可能性があるからです。

 

結論から言いますと、「お金持ち=現金を持っている人」

が海外不動産投資に向いていると考えられます。

 

それには海外の不動産投資エージェントと連絡を密に取る必要もあり、そうした点でも、エージェントはお金持ちだけを相手にしますので、サラリーマンや一般的な収入の人には、海外不動産投資はハードルが高いと思われます。

 

国内不動産で一定の現金を稼いでから、海外不動産を検討するのもよいかもしれません。

昨今海外の不動産投資が注目を集めています。

実際に国内と海外の不動産投資どちらがいいのでしょうか?

目的によってもどちらがいいのかはっきりしますが、「自分で勉強をしながらやろう」と考えている方は、断然国内のほうがよいです。

 

海外の不動産物件は、それぞれの国で税制も違ってくるので、お金持ち向けです。

日本のように利回りがよい物件も海外は少ないため、不動産投資で成功しようと思ったら、自分で足を運べる国内なのです。

 

たとえば、現在日本国内の不動産物件は中国人などにも注目されています。

もし、中国人が一棟アパート・マンションのレベルまで日本で不動産を購入しようと考えるなら、今後日本の不動産市況は活況になる可能性があるでしょう。

 

いずれにしても、日本の物件なら日本人のほうが圧倒的に有利なので、最近はサラリーマン、主婦、学生などが頭金ゼロで不動産投資に成功した、とい例も出てきているようなので、今後ますます注目です。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち国内VS海外カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは中古マンションです。

次のカテゴリは国内不動産投資です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。