申込・手付金の最近のブログ記事

物件見学後、申込みの意思が固まった段階にて、申込みとなります。

 

一般的には、値段交渉が入ってくるわけで、通常の売り出し価格は実勢価格と比較して高い水準になっていることが多く、価格調査をしたうえで、妥当な金額にも購入の申し込みをします。

 

ここで購入金額について合意があれば、「手付金の支払い」になります。

金額は購入金額の5~10%が一般的で、通常買主の希望で購入をキャンセルした場合は、手付金は戻ってきません。(手付放棄)

 

また、売り主の都合でキャンセルになった場合は、一般的には手付金の倍(実質的には手付金同額を違約金で支払うかたち)を買主に支払うことで、キャンセルできますが(民法上)、契約により手付金返還のルールが違いますので、契約時には注意が必要です。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち申込・手付金カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは物件見学・調査です。

次のカテゴリは資金計画です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。