不動産投資 国内VS海外②~海外向きな人は?

| コメント(0) | トラックバック(0)

海外の不動産投資を目指す場合、一番大きな壁が資金力です。

簡単に言うと海外の場合、銀行ローンが国内ほど簡単に出なかったり、担保評価の割合が外国人の場合低かったりと、外国人に対してさまざまな規制が入る可能性があるからです。

 

結論から言いますと、「お金持ち=現金を持っている人」

が海外不動産投資に向いていると考えられます。

 

それには海外の不動産投資エージェントと連絡を密に取る必要もあり、そうした点でも、エージェントはお金持ちだけを相手にしますので、サラリーマンや一般的な収入の人には、海外不動産投資はハードルが高いと思われます。

 

国内不動産で一定の現金を稼いでから、海外不動産を検討するのもよいかもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.clubrich.jp/mt5/mt-tb.cgi/269

コメントする

このブログ記事について

このページは、fhidecyanが2011年1月 7日 13:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不動産投資 国内VS海外①~国内投資向きな人は?」です。

次のブログ記事は「中古マンション 購入・賃貸のどっちが得か?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。