不動産投資~中古ワンルームマンション

| コメント(0) | トラックバック(0)

今回は中古ワンルームマンションについて

 

それではなぜ中古ワンルームマンションが不動産投資として最適なのでしょうか?

これは首都圏に限ってのことになるのですが、男性・女性に限らず首都圏にひとり暮らしでお住まいになっている方の人口は非常に多く、また出入りも(どちらかというと入り)激しく、賃貸を募集すると、条件が比較的よい物件であればすぐに入居決定することが多いため、空室となる期間が短く、利回りのよい物件ということになります。

 

個人の方が一つずつ物件を増やす場合を除いては、ワンルームマンションを一括で保有していた方が、収益は安定する傾向が高いです。

 

こちらは、管理コストの観点からになるのですが、同じ物件の中で多数保有していたほうが、管理コストは安く抑えられるため、結果的に収益(利回り)がよくなる傾向があります。

 

結局のところ、よい物件を多数(効率よく)持つ、ということがポイントになりますが、

このような物件は手放す大家さんも少ないため、物件選定については慎重に対応していかないといけません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.clubrich.jp/mt5/mt-tb.cgi/262

コメントする

このブログ記事について

このページは、fhidecyanが2011年1月 6日 10:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不動産投資~中古マンション編」です。

次のブログ記事は「購入の流れ~資金計画について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。