マレーシアへの海外移住(リタイヤメント・ビザ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

マレーシア政府は、近年先進国の高齢者を対象にした、リタイヤメントビザを推進しています。

 

マレーシア・マイ・セカンド・ホーム・計画は、マレーシア政府によって推進され、一定の基準を充たす世界中のすべての国の人たちに「社交訪問パス( Social Visit Pass )」 と「数次入国ビザ( Multiple entry visa )」を発給して出来るだけ長くマレーシアに滞在可能にしようとするものである。Social Visit Passは初回から10年の期間のもので(申請者の 旅券の有効期間に左右される)、延長可能である。

 

マレーシア国内に450万円預金をすれば、実質永住権を与えられるようなプログラムであり(これが実質使用できない)、預金に余裕がある高齢者なら、非常におすすめな制度です。

 

<申請条件>
下記のいずれひとつの条件を満たすことが必要(RM=マレーシアリンギット)
  Ⅰ 50歳以上の方は以下いずれかの条件を満たす必要あり
1.
マレーシアの金融機関に15万RM(約450万円)以上の金融機関の残高証明
(預金1年後に、自宅の購入・教育・医療目的に限定し、当局の許可後に9万RM(約270万円)の出金が可能)
2.
マレーシア国外に月収1万RM(約30万円)以上の収入証明
  Ⅱ 50歳以上の方は以下いずれかの条件を満たす必要あり
1.
マレーシアの金融機関に30万RM(約900万円)以上の金融機関の残高証明
(預金の1年後に自宅購入・教育・医療目的に限定し、当局の許可後に24万RM(約720万円)の出金が可能)
2.
マレーシア国外に月収1万RM(約30万円)以上の収入証明

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.clubrich.jp/mt5/mt-tb.cgi/255

コメントする

このブログ記事について

このページは、fhidecyanが2011年1月 5日 10:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マレーシアの基本情報」です。

次のブログ記事は「不動産に関する外国人規制について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。