シンガポールはどんな国なのか?

| コメント(0) | トラックバック(0)

まず国土面積ですが、707.1k㎡と東京23区(616k㎡)より少し大きいくらいです。(非常にイメージしやすいかと)

一方人口密度は6,489人/km²とモナコに次ぐ2位の状況です。

 

実際にシンガポールに行ってみればわかのですが、一戸建ては極端に少なく、HDB(公団住宅)やコンドミニアムばかりよく見かけます。

 

一番重要なのは、香港などと比較して立っているHDB、コンドミニアムなどの大部分がまだ新しいということです。

特に香港はHDBの老朽化が問題になっており、どのHDBでも補修工事が始まっているケースが多いです。

一方シンガポールの場合は比較的建物が新しいものが多く、現在建築中の住宅も非常に多いことから、不動産取引自体今後ますます活況になる可能性が高いです。

 

次に気候についてですが、一年中暑いイメージがありますが、夜は比較的涼しいことが多いです。

暑い国にある近代国家のイメージが強く、購入した物件に将来的に住むイメージで購入してもおもしろいのではないでしょうか?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.clubrich.jp/mt5/mt-tb.cgi/237

コメントする

このブログ記事について

このページは、fhidecyanが2011年1月 3日 22:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シンガポールの不動産投資状況」です。

次のブログ記事は「シンガポールでの不動産購入規制」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。